鹿島DF杉岡 中断期間で患部不安消えた「しっかり治せた」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

 鹿島のU―23日本代表DF杉岡が4日、チーム練習後にオンライン取材に応じ、「コンディションは上がってきている。再開まで時間があるので、個人としてもチームとしても成熟度を高めたい」と7月4日のJ1再開へ順調に調整が進んでいることを明かした。

 今季、湘南から鹿島に加入。右太腿裏を痛めた影響で公式戦の出場はまだないが「中断期間があったのでケガはしっかり治せている」と患部への不安はないという。J1再開後は過密日程が予想されるため、「ケガをしない体づくりをやっていきたい。日頃のケアが最大の予防」と体調管理に留意し、夏場から始まる連戦に備えていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月5日のニュース