名古屋 コロナ陽性・金崎の濃厚接触者19人全員陰性も…チーム練習再開のメド立たず調整遅れ必至

[ 2020年6月5日 05:30 ]

新型コロナウイルスの陽性判定を受けた名古屋FW金崎
Photo By スポニチ

 元日本代表FW金崎夢生(31)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた名古屋は4日、保健所から濃厚接触者と特定された選手とスタッフ19人がPCR検査を受け、全員が陰性だったと発表した。3日に愛知県内の病院で受診した。

 クラブ内の感染拡大を防げたのは明るい材料だが、7月4日のJ1リーグ再開に向けて先行きは不透明だ。クラブは濃厚接触者19人の最長12日までの自宅待機を決定。その中にはコーチングスタッフも多く含まれている。

 Jリーグはクラブ内や近い関係者にコロナ陽性反応者が出た場合、濃厚接触者までの隔離は決まっているが、チーム全体の活動停止は義務付けてはいない。とはいえ、現状の名古屋には戦術練習などを指導できるスタッフに制限がある。クラブ施設の消毒作業日も保健所と調整段階という。2日から自粛しているが、トップチームの活動再開日のメドが立たない状況だ。

 6日の練習試合J3岐阜戦などもキャンセル。Jリーグ側は通常通りの日程でリーグを再開させることを明言している中、実戦勘を取り戻す機会も少ない。調整が大幅に遅れるのは必至の情勢だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月5日のニュース