【我が家のアイドル】横浜FW仲川輝人と愛犬レイくん ボール遊びの“キレキレ感”J得点王のお手本に

[ 2020年6月5日 05:30 ]

笑顔の横浜FW仲川と愛犬レイくん(本人提供)
Photo By 提供写真

 ブリーダーさんを自分で探して会いに行き、17年5月6日に我が家に来た「レイ(英語で光の意)」。自分の名前の「輝」から名付けました。

 よくボール遊びをするんですけど、足がめっちゃ速いんです。切り返しというか、角度も一瞬で変えられる。(速くて小柄な)自分に似ているというのもあったので、“動きをまねしたらいいんじゃないか!”と思って、観察しています。負けた試合の日も振り返りながらじゃれ合うように気分転換すると、また新たな気持ちで次に臨める。こいつがいたから(19年MVP&得点王の)結果を出せたというのもあるかもしれないです。

 自宅待機の期間は家の中でずっとボールを投げ合っていました。サッカーも大事ですけど犬が大好きなので犬とのコミュニケーションも凄く大事にするようにしてます。

 ◇ティーカッププードル プードル種の一つ。17年3月5日に生まれ「ティーカップ」として出合ったが、足がぐんぐん伸びて今は「タイニー」(トイプードルとティーカップの中間程度の)サイズに。りんごなどフルーツが好き。

 ◆仲川 輝人(なかがわ・てるひと)1992年(平4)7月27日生まれ、川崎市出身の27歳。川崎F下部組織、専大を経て15年に横浜加入。16年にJ2町田、17年にJ2福岡へ期限付き移籍し、18年に横浜復帰。J1通算64試合24得点。19年JリーグMVP&得点王。1メートル61、57キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月5日のニュース