神戸FW古橋 野菜生活でタイトル奪取だ!自粛期間中に食事改善「体は軽くなった」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

練習でアグレッシブな動きをみせる神戸FW古橋(中)(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸のFW古橋亨梧(25)が得点王&アシスト王を目標に掲げた。4日に神戸市西区で非公開調整後、オンラインで取材に対応。7月4日からリーグが再開されることが決まった中で「得点王を目指したいですし、アシストも1位を目指したい。アジアNo.1やJリーグでタイトルを獲りたいので、チームのために働くことができれば」と抱負を語った。

 活動休止期間中から積極的に取り組んだのが自炊だ。「今までは外食が多くてメインは肉だったけど、自炊をして、野菜を中心に摂るようにした」。果物も食べるようになり「体は軽くなった。いい感じに来ている」と手応え十分だ。リーグが中断するまで公式戦4戦連発と好調だったFWがキレの増した体で再開後も突っ走る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月5日のニュース