J2新潟 37歳FW田中達也が存在感アピール!「徐々にコンディション上がってきた」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

リーグ再開戦での出場を目指すJ2新潟FW田中達也(右)(アルビレックス新潟提供)
Photo By 提供写真

 J2新潟は4日、聖籠町のクラブハウスで練習を行った。戦術練習では、今季初出場を目指すFW田中達也(37)が存在感をアピールした。

 練習後、電話取材に応じた田中は「実戦に近い感じ。コンディションも徐々に上がってきている。ここからもう一段上げていければ」と声を弾ませた。

 リーグ戦再開日が27日に決まった。ベテランは「凄くうれしい。手洗い、うがいなど感染予防をしながら再開に向けてトレーニングをしたい」と話した。

 今季でプロ20年目。「周りの人に支えられながら、やることをやってきただけ」と謙遜するが、練習に取り組む姿勢やピッチでの献身的な動きはチームの手本になっている。

 先月24日にDF早川史哉(26)が婚姻届を提出した際には保証人になった。田中は「断る理由はないけど、俺でいいのかなと思った」と照れたが、早川は「(田中)達さんのところみたいな家庭が憧れ」とリスペクトしている。

 2月23日の開幕戦VS群馬はベンチ外の悔しさを味わった。ただ、先月21日のゲーム形式でゴールを決めるなど状態は良くなっている。「まずはメンバーに入れるようにアピールして戦っていきたい」。し烈なポジション争いに立ち向かう。

 ◆田中 達也(たなか・たつや)1982年(昭57)11月27日生まれ、山口県出身の37歳。帝京から01年浦和入団。13年新潟移籍。J1通算334試合66得点、J2通算48試合3得点。1メートル67、63キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月5日のニュース