Cロナ、クラブ助けるために給与カット 主将DFキエリーニの呼びかけに応じた

[ 2020年3月29日 05:30 ]

ユベントスのC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 ユベントス(イタリア)のポルトガル代表C・ロナウドが、収入が激減したクラブを助けるため給与カットに応じたと、28日付のイタリア主要紙トゥットスポルトが報じた。

 C・ロナウドの年俸は税引き後で3100万ユーロ(約37億2000万円)。クラブと職員を助けようという主将のDFキエリーニの呼びかけに応じたもので、カット額は380万ユーロ(4億5600万円)という。ポルトガルメディアによると、母国の3病院には計100万ユーロ(約1億2000万円)を寄付している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月29日のニュース