横浜FC・俊輔、高精度キック連発「前向ける試合」 新型コロナ予防策も徹底

[ 2020年3月29日 05:30 ]

前半、ドリブルで攻め込む横浜FC・中村(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 横浜FCは練習試合で名古屋と激突した。トップ下で先発したMF中村俊輔(41)は黄金の左足から高精度のキックを連発。試合はDAZNでも生配信され、再開を待ち切れぬサポーターには最高の贈り物となった。

 「難しい時だけど試合ができたり、(サポーターに)見てもらえたのは良かった。選手も前を向ける試合だった」。終息の見えないコロナ禍。スタンドは当然、無観客。試合後の取材もビデオ通話で行われ、選手同士、審判との握手も“肘タッチ”に変更された。予防策は徹底された。

 歓声も拍手も聞こえない一戦は0―1で終わったが「選手の声が通る分、連係の面はレベルが上がったと思う。もっと攻撃に迫力を。(チームとして)こういう期間を使ってJ1に慣れていければ」と中村。照準は5月9日のJ1再開。経験豊富なレフティーは難しい中断期間もポジティブに乗り切る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月29日のニュース