本田圭佑 日本中が歓喜に沸いたあの瞬間を6年後に反省「失敗でした」

[ 2020年3月29日 21:30 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 フジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)が29日、「スーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP」として3時間特番で放送され、元サッカー日本代表MF本田圭佑(33=ボタフォゴ)を取り上げた際に、本田本人が即座にツイッターで反応するハプニングがあった。

 番組内で「スーパースター奥の奥!大谷翔平・本田圭佑SP」として本田を取り上げ、過去のゴールシーンがふんだんに盛り込まれたスペシャルVTRを放送。その直後に本田が「コートジボワール戦のゴール後に喜びすぎたことは2014年の失敗でした」と投稿した。

 これには、番組を見ていた本田のフォロワーも鋭く反応。「ジャンクスポーツ観てますね?笑」「ブラジルでも見れるんですか?」「リアルタイムツイートか!」と本田のリアルタイム視聴に歓喜する声や「そんな事ないですよ!成功です」「あの瞬間、日本中が飛び上がって歓喜に湧きましたよ」「W杯初戦のゴール 喜ばない方が無理ですよ」「日本人全員喜びましたから」「それを失敗と言って公表するメンタリティが素晴らしい」と賛辞が相次いだ。

 本田はザッケローニ監督が率いた2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会1次リーグ初戦のコートジボワール戦で先制ゴールを決めるもチームは逆転負け。日本代表は結局1分け2敗と1勝もできずに1次リーグで敗退している。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月29日のニュース