新潟・アルベルト監督「重圧をモチベーションに」 23日群馬戦でプロ初采配

[ 2020年2月22日 19:47 ]

試合前日会見で終始穏やかな表情で開幕に向けての心境を話すアルベルト監督
Photo By スポニチ

 J2新潟は23日に敵地・正田醤油スタジアム群馬で行われる開幕戦で群馬と対戦する。22日は聖籠町のクラブハウスで最終調整し、終了後には会見を行った。就任1年目のアルベルト監督はプロの監督として初采配となるが「私は多くの経験を積んでいる。特別な感覚はない。プレッシャーを自分のモチベーションに変化させるすべを学んでいる」とコメントした。

 チームの仕上がりについては「完成度は100%ではないが、求める方向性はしっかり伝わっている。公式戦で戦い続ければレベルアップする」と今後に期待を込めた。

 スペインの強豪バルセロナの育成部門に長年携わった指揮官は、対戦相手の群馬について「前線に質の高い選手がいる。DFライン、中盤には経験豊富な選手がいる。サイドには攻撃的な選手を配置してくる」と分析。「立ち位置、パススピード、プレースピードを今までやってきた通りに表現することが最も重要。守備ではコンパクトさ、球際の激しさが重要」と勝つためのポイントを挙げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース