森保監督、J1開幕戦視察 VAR有効活用「正しく判定が下されるのは凄くいい」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   浦和3―2湘南 ( 2020年2月21日    BMWス )

森保監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 日本代表の森保監督が視察に訪れ、新型コロナウイルスの感染が拡大する中での開幕に「社会的にいろんなイベントが中止になっているが、Jリーグは盛り上がりの中で見られて凄くうれしい」と振り返った。

 今季導入されたVARも早速有効活用され「フェアで正しく判定が下されるのは凄くいい」。兼務する五輪代表世代の浦和の橋岡や、湘南の斉藤らの活躍にも「生き生きプレーしているのが見られて良かった」と満足げだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース