鳥栖、打ち合い上等 MF松岡はゴールへの執念「フィニッシュにこだわってやらないと」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

攻守でチームの軸となるMF松岡(左から2人目)
Photo By スポニチ

 鳥栖は今季は4―3―3に挑戦し、より攻撃的なスタイルを目指す。相手の川崎Fも今季から同じシステムで、金明輝(キムミョンヒ)監督は「川崎はシステムを変えたことで一人一人の距離感がだいぶ広がった。ボールを奪えるチャンスは大きくあるのかな。点を取るシステムなので打ち合いができたらいい」と激戦を予想。

 MF松岡は「フィニッシュにこだわってやらないと」とゴールへの執念を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース