吉田麻也、23日インテル戦でサンプドリア初陣か ラニエリ監督が先発起用示唆

[ 2020年2月22日 19:07 ]

サンプドリアDF吉田麻也
Photo By スポニチ

 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンからイタリア・セリエAのサンプドリアに期限付き移籍で加入した日本代表DF吉田麻也(31)が23日の敵地インテル・ミラノ戦で初出場する可能性が高くなった。

 サンプドリアのラニエリ監督が21日の会見で吉田を先発起用することを示唆。地元紙イル・セーコロ・デーチモノノによると、指揮官は「インテル(の2トップ)と鏡合わせの戦術にするため、3バックを考えている。3バックの中央にトネッリ、右に吉田、左にコリーを起用することを思いついた」と具体的な選手名を明かした。

 サンプドリアはこれまで4バックで戦ってきたが、前節フィオレンティナに1-5と大敗し、守備の改善が急務。レスターを奇跡のプレミアリーグ優勝に導いたイタリア人指揮官は「これまでのキャリアで、私は3バックを用いたこともあるし、適応できる選手も揃っている」と自信をのぞかせた。

 1月にサンプドリアに加入した吉田は、リーグ戦2試合にベンチ入りしているが、まだ試合には出場していない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース