神戸・高徳、カズさんを全力で叩く 親交あっても容赦なし

[ 2020年2月22日 05:30 ]

非公開練習後に報道陣の取材に応じる酒井高徳
Photo By スポニチ

 J1神戸は、23日の横浜FC戦(ノエスタ)に向けて神戸市西区で非公開調整。先発出場が濃厚な元日本代表DF酒井高徳(28)は、親交のあるカズことFW三浦知良(52)との対戦を心待ちにしつつも、必勝を宣言。サッカー界のレジェンド、そして昇格してきた横浜FCをガチンコで叩き、リーグ制覇に向けても好発進する。

 話題を集める開幕カードを“お祭りムード”にしない。カズの1部リーグ世界最高齢出場が懸かり、元スペイン代表MFイニエスタとの対決で注目を集める神戸―横浜FC戦。自身にとってサッカー界のレジェンドとの初対戦に、酒井は「Jリーグが盛り上がるし凄く良い機会」と楽しみにしつつも「でも…」と続けた。

 「自分たちは、負ける気はサラサラないんで。パレードのような雰囲気にならないように。試合なんで。全力で叩くことしか考えていない」

 カズには、毎年恒例となっている食事会にかつて招待された。緊張しながら交わしたキングとの会話の内容を問われ「それは俺とカズさんの思い出にしまっておきます」と笑う。「あの年齢まで続けているのは本当に凄い」。最大限のリスペクトをする一方で、勝ち負けとなれば目の色を変えた。

 前日のACLの韓国遠征から帰国し、中3日で迎えるリーグ開幕戦。過酷な過密日程も「覚悟」の上だ。

 「そういう覚悟でシーズンに入っているし“疲れた”は言い訳にしかならない。自分たちのサッカーができれば、間違いなく勝利に近づけると思う。慢心せずに戦いたい」

 昨季終盤から公式戦8連勝中。横浜FCをホームで打ち負かし、リーグ戦でも波に乗る。

 【イニエスタも出場へ】ACLも戦う過密日程ながら、元スペイン代表MFイニエスタは横浜FC戦に出場できる見込みだ。前日に韓国遠征から戻ったばかりだが、この日の非公開調整では問題なくメニューをこなしたもよう。三浦淳寛スポーツダイレクターは「何ともない」と背番号8の状態を明かした。一方、太腿裏に違和感を訴えていたベルギー代表DFフェルマーレンの出場は微妙だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース