昇格組の柏が白星発進 江坂&オルンガで4発

[ 2020年2月22日 17:12 ]

<柏・札幌>後半13分、自身2得点目のゴールを決める柏・江坂(右から2人目)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグ第1節第2日の22日、各地で4試合が行われ、昇格組の柏はホームで札幌に4―2で勝利。江坂、オルンガの両FWがそれぞれ2得点ずつを挙げ、J1復帰初戦を白星で飾った。

 ホームに大分を迎えたC大阪は、前半8分にセットプレーの流れからFWブルーノメンデスが挙げた得点を守り切り、1―0で勝利。名古屋は仙台に先制を許すも、新加入のMF阿部が同点ゴールを決めて1―1で引き分け、敵地で勝ち点1を手にした。2季ぶりの優勝を狙う川崎Fはホームで鳥栖とスコアレスドロー。後半4分にFWレアンドロダミアンがこぼれ球を押し込んでゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリーの介入で得点は取り消された。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース