神戸フィンク監督 サポーターの応援禁止に「自分たちのサッカーに集中」

[ 2020年2月22日 12:21 ]

雨の中での最終調整を終え、タオルをかけて取材に応じるフィンク監督
Photo By スポニチ

 神戸のトルステン・フィンク監督(52)が、あす23日のリーグ開幕戦となる横浜FC戦(ノエスタ)からサポーターの応援が禁止されたことを受け「自分たちに集中する」と語った。

 クラブは22日、新型コロナウイルスを始めとする感染症予防対策及び拡散防止を目的として、歌、チャント、肩組などの応援行為を禁止することなどを発表。神戸市史西区での非公開練習を終えた後、そのことについて問われた指揮官は口を開いた。

 「(応援を受けて)もちろん素晴らしい雰囲気で戦えるのはアドバンテージになっているが、リスクを考えて(クラブが)そういうルールを決めている。自分たちのサッカーに集中する。それだけなので。自分たちのことだけにフォーカスしてやりたい」

 応援禁止以外に、クラブは咳や発熱の症状がある人への観戦自粛、マスクの着用なども呼びかけている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月22日のニュース