神戸 フェルマーレン、アウェーを警戒「難しい戦いになる」

[ 2020年2月19日 07:00 ]

ACL1次リーグ第2戦   水原―神戸 ( 2020年2月19日 )

練習後に公式会見に臨んだフェルマーレン(左)とフィンク監督
Photo By スポニチ

 G組の神戸は19日にACL1次リーグ第2戦アウェー水原戦を迎える。18日に会見したベルギー代表DFフェルマーレンが完全アウェーを警戒した。

 スタジアムの半数以上を占める2万人超えの観衆となることが見込まれ「難しい戦いになる」と背番号4。水原には、ボスニア・ヘルツェコビナで得点王になったFWクルピッチが新加入している中で「韓国のチームはアグレッシブに来ると聞いている。その辺りには気をつけないといけない」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月19日のニュース