神戸・イニエスタ、氷点下で調整も気合「勝てば1次リーグ突破に近づける」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

ネックウォーマーで顔の大半を覆うイニエスタ(中央)
Photo By スポニチ

 神戸は19日のACL1次リーグ第2戦アウェー水原戦に備え、氷点下の試合会場で調整した。寒波の影響で午後5時45分から始まった練習時の気温はマイナス1・2度。先発出場する見込みのMFイニエスタはネックウオーマーで顔の大半を隠しながら、公開された冒頭15分間はボール回しなどで精力的に動いた。

 試合は午後7時30分開始で、より冷え込む可能性はあるが、主将も務める35歳は「アウェーはどうしても難しい試合になるが、勝てば1次リーグ突破に近づける」とACL2連勝、そして開幕からの公式戦3連勝に向けて意欲を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月19日のニュース