帝京長岡FW矢尾板 バースデーの誓い!決勝進出へ意欲「18歳最初の試合で得点を」

[ 2020年1月8日 05:30 ]

練習で軽快なドリブルを披露した帝京長岡のFW矢尾板
Photo By スポニチ

 サッカーの全国高校選手権準決勝は、11日に埼玉スタジアムで行われる。新潟県勢として初の4強入りを果たした帝京長岡は7日、福島・Jヴィレッジで練習を再開した。

 この日が18歳の誕生日だったFW矢尾板はシュート練習などで軽快な動きを披露。練習後には食事会場でチームメート全員から「ハッピーバースデー」を歌ってもらい「勝ち上がったからこそみんなに祝ってもらえた。最高の誕生日です」と笑った。準決勝の相手・青森山田には8月の練習試合で1―4と大敗したが、矢尾板は「18歳最初の試合で得点を決められれば最高」と今大会2点目へ意欲を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月8日のニュース