広島MF森島、背番号10は「2回くらい断った」 14番に愛着も…「頑張んないと」

[ 2020年1月8日 22:59 ]

広島のU―23日本代表MF森島司
Photo By スポニチ

 広島の背番号が発表され、昨季飛躍したMF森島司(22)が新10番となった。現在、U―23日本代表としてU―23アジア選手権(タイ)に参加中。同代表でも付けている14という背番号が「めっちゃ好き」で「2回くらい断った」というが、付けることを決意。「頑張んないとなという気持ち」と抱負を語った。

 U―23代表では9日に初戦サウジアラビア戦を迎える。A代表デビュー戦となった昨年12月のE―1選手権・中国戦でシャドーの位置から好プレーを見せたMFは「しっかりといいポジションでボールを受け続けて得点に近づくプレーができたら」と意気込んだ。

 母校は三重・四日市中央工。日本代表FW浅野拓磨の弟、快斗らが出場した高校選手権の戦いぶりを、タイ入り後もチェックし続けていたという。「(結果は)めっちゃ気にしてました。ネットで見ていました。一人うまい選手がいるんでプロになってほしいなって思います」。チームは5日に矢板中央(栃木)に敗れて終戦したが、今大会5得点の森夢真(3年)の今後に期待を寄せていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月8日のニュース