U23森保監督 五輪メンバー入りへサバイバル「選手たちには伝えている」

[ 2020年1月8日 14:28 ]

<U23アジア選手権>9日の試合に向けて会見するU23日本代表・森保監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 U―23アジア選手権(タイ)が8日に開幕。あす9日の初戦を前に、U―23日本代表を率いる森保一監督(51)が記者会見に出席した。「同じグループには強豪国がいる中で、一戦一戦非常に難しい試合になると思うが、勝利を求めてチーム一丸となって戦う」と話した。

 森保監督のもと、他国より2歳若いU―21世代で臨んだ前回の18年大会は決勝トーナメント1回戦でウズベキスタンに敗れた。日本勢としては2大会ぶりの制覇を狙う。1次リーグB組はカタール、サウジアラビア、シリアの中東勢と同組。9日の初戦はサウジアラビアと対戦する。

 指揮官は「選手たちには(五輪メンバーへの)生き残りということに関しては伝えている」と語った。また、チームキャプテンはGK小島が務めることを明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月8日のニュース