J2磐田 元日本代表MF今野が今季序盤絶望…昨年12月に腰椎椎間板ヘルニア手術

[ 2020年1月8日 05:30 ]

J2磐田の元日本代表MF今野
Photo By スポニチ

 J2磐田は7日、元日本代表MF今野泰幸(36)が昨年11月に腰椎椎間板ヘルニアおよび嚢腫(のうしゅ)を患い、同12月に手術を受けたと発表した。トレーニング復帰までは術後約4~5カ月程度を要する見込み。シーズン序盤戦の出場が絶望的となった。

 昨夏、J1・G大阪から完全移籍で加入。磐田デビュー戦となった8月の仙台戦で得点するなどしたが、古傷である右足首のケガの影響もあり、加入後はリーグ戦5試合の出場にとどまった。

 今季5年ぶりにJ2を戦う磐田にとって、FC東京などで下位カテゴリーを戦った経験のある今野の離脱は痛手。1年でのJ1復帰へ向け、序盤は頼れるベテランを欠いて戦うことになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月8日のニュース