四中工4強ならず…日本代表浅野の弟・快斗は堅守破れず

[ 2020年1月6日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権準々決勝   四日市中央工0―2矢板中央 ( 2020年1月5日    駒沢 )

<矢板中央・四日市中央工>ボールキープする四日市中央工・浅野(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 四日市中央工(三重)は4強入りはならず、日本代表FW浅野拓磨の弟、快斗の選手権が終わった。

 2点を追う後半から出場したが、堅い守りを打開できず「逆転しようと思っていたんですが…」と厳しい表情。7人きょうだいの六男で一度は就職を考えたが、スタンドで応援した拓磨の後押しもあり、卒業後はドイツにサッカー留学予定。プロクラブなどの入団テストを受け、道を切り開く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月6日のニュース