仙台育英 8強敗退も監督満足「雑草軍団が成長した」

[ 2020年1月6日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権準々決勝   仙台育英0-1帝京長岡 ( 2020年1月5日    等々力 )

<帝京長岡・仙台育英>帝京長岡に敗れ涙を見せる仙台育英イレブン(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 仙台育英(宮城)は開始早々に先制されながら粘り強く守って追加点を与えなかったが、ゴールが遠かった。

 前半14分には左FKから斉藤が決定機を迎えたが、GKに防がれた。主将の小林虎は「同点にできる場面もあった。最後、詰め切れなかった」と悔しがった。それでも、目標に掲げた2回戦を見事に突破し、8強入り。城福敬監督は「選手は十分なほどやってくれた。雑草の軍団がよくここまで成長した」と選手を称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月6日のニュース