昌平 無失点守備が崩壊…猛追も“凱旋”ならず

[ 2020年1月6日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権準々決勝   昌平2-3青森山田 ( 2020年1月6日    等々力 )

<青森山田・昌平>青森山田に敗れガックリの昌平イレブン(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 昌平(埼玉)は準決勝以降の会場となる地元・埼スタへの夢が散った。

 2、3回戦合わせて5本しかシュートを打たせずに無失点だったが、この日は前半だけで3失点。10番のMF須藤は「迫力に押し負けてしまった」と悔やんだ。それでも最後までボールを保持するサッカーを展開。須藤とFW山内のゴールで1点差まで追い上げた。藤島崇之監督は「届かなかったが、2点を奪えたのは成長の跡だと思う」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月6日のニュース