武藤 でん部痛め無念の負傷交代 試合は1-1で引き分け

[ 2020年1月6日 05:30 ]

FA杯・3回戦   ニューカッスル1―1ロッチデール ( 2020年1月4日 )

負傷交代したニューカッスルの武藤
Photo By 共同

 ニューカッスルのFW武藤は無念の負傷交代に終わった。今季初めてフル出場した1日のプレミアリーグ・レスター戦に続いて公式戦2試合連続で先発出場。だが、後半8分にピッチに座り込み、右腰付近を気にしながら交代。チームは後半に追いつかれて引き分け再試合となり、ブルース監督は「(負傷で)後半に武藤とアルミロンがいなくなったのが痛かった。武藤のケガはヒップ(でん部)。痛みを訴えており、より深刻そうだ」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月6日のニュース