久保 8試合連続先発も得点に絡めず 終了間際には惜しいシュートも

[ 2020年1月6日 05:30 ]

スペイン1部   マジョルカ0―1グラナダ ( 2020年1月5日 )

<グラナダ・マジョルカ>競り合うマジョルカの久保(C)SAFEROCK Entertainment
Photo By 提供写真

 マジョルカの日本代表MF久保は東京五輪イヤー初戦で得点に絡めずに終わった。

 8試合連続で先発で2戦連続フル出場。森保ジャパンでも採用される3―4―2―1布陣で攻撃時は2シャドー右に入り、後半途中からは両サイドでプレーしてCKキッカーも務めた。厳しいマークを受けながら、前半37分に右サイドを突破して右足クロスで好機をつくり、後半終了間際には右足でシュートを放ったが、得点にはつながらず0―1で敗れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月6日のニュース