徳島市立 シュート2本…阿部主将悔やむ「突破力についていけなかった」

[ 2020年1月6日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権準々決勝   徳島市立0―4静岡学園 ( 2020年1月5日    駒沢 )

<徳島市立・静岡学園>先制ゴールを決める静岡学園・阿部(左から2人目)=撮影・西海健太郎
Photo By スポニチ

 徳島市立は静岡学園に0―4と大敗し、初の4強入りを逃した。

 5バック気味で守備を固めたものの、前半16分にCKから、同22分にFKから失点。いずれも判断ミスからセットプレーを与え、攻撃面でもシュート数はわずか2本だった。日大に進学する主将のMF阿部は「(相手の)突破力についていけなかった。自分たちより一枚も二枚も上でした」と完敗を認めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月6日のニュース