ネイマール、左太腿裏負傷で4週間離脱へ リーグ4試合、CL2試合欠場の見通し

[ 2019年10月15日 18:35 ]

10日、セネガルとの親善試合でプレーするブラジル代表のネイマール(AP)
Photo By AP

 フランス1部リーグのパリ・サンジェルマンは14日、ブラジル代表での活動中に左太腿裏を負傷したFWネイマール(27)が約4週間離脱する見通しと発表した。

 ネイマールは13日、シンガポールで行われた国際親善試合ナイジェリア戦に先発したものの、前半12分に自ら志願して交代。クラブでMRI(磁気共鳴画像装置)などの精密検査を受けた結果、左足のハムストリングにグレード2(中度)のダメージが見つかった。8日後に再検査を受けるが、現時点では復帰まで4週間かかる見通しという。

 4週間の離脱だと、国内リーグ4試合、欧州チャンピオンズリーグ(CL)2試合(クラブ・ブリュージュとのアウェー、ホーム)の公式戦6試合を欠場することになる。

 ネイマールにとって2019年に入ってから3度目のケガで、1月に右中足骨骨折、6月に右足首靱帯損傷でそれぞれ約3カ月離脱していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月15日のニュース