G大阪苦笑い ラグビー日本代表・リーチ主将が対談したのは…「依頼はありましたが…」

[ 2019年10月15日 17:43 ]

14日、笑顔を見せながら会見する日本代表のリーチ主将(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 G大阪関係者が苦笑いを浮かべた。ラグビー日本代表の主将リーチ・マイケルが、前日14日の会見で02年サッカーW杯日韓大会の日本代表主将と対談したと明言。多くのメディアが一斉に『宮本恒靖』(現G大阪監督)と報じたがクラブ関係者によると「確認しましたが本人は会ったことはありません。ラグビーW杯前に(対談)取材の依頼はありましたが、タイミングが合いませんでした」と事実ではないと明かした。

 実はリーチ・マイケルが対談したのは森岡隆三氏。02年の日韓大会は森岡氏が主将だったが、初戦ベルギー戦で負傷交代した。残り試合も欠場し、そんな中、代役で主将マークを巻いていたのが宮本監督だった。森岡氏は日本―スコットランドの1戦も観戦に訪れるなどラグビー好きとしても知られている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月15日のニュース