森保Jスタメン発表 負傷した冨安の代わりに植田、1トップには鎌田 モンゴル戦から4人変更

[ 2019年10月15日 20:20 ]

W杯アジア2次予選   日本―タジキスタン ( 2019年10月15日    ドゥシャンベ )

サッカー日本代表(写真は10月10日のモンゴル戦)
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表は15日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選と2023年アジア杯中国大会予選を兼ねたアウェーでのタジキスタン戦に臨む。

 日本時間午後9時15分のキックオフを前に先発メンバーが発表され、6―0で圧勝した10日のモンゴル戦(埼玉)から4人が変更となり、モンゴル戦で負傷したDF冨安健洋(20=ボローニャ)の代わりにDF植田直通(24=セルクル・ブリュージュ)を起用。1トップにはFW鎌田大地(23=Eフランクフルト)が入った。

 日本代表のスタメンは以下の通り。

 【GK】権田修一(ポルティモネンセ)

 【DF】酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、植田直通(セルクル・ブリュージュ)、長友佑都(ガラタサライ)
 【MF】橋本拳人(FC東京)、柴崎岳(デポルティボ)、堂安律(PSVアイントホーフェン)、南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルト)
 【FW】鎌田大地(Eフランクフルト)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月15日のニュース