アジア大会でも…日本代表のロッカー清掃に“拍手” 3つの言語で「ありがとう!」の言葉残す

[ 2019年2月2日 19:15 ]

<日本・カタール>優勝を逃した日本代表イレブン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 アジア杯の公式ツイッターは2日、決勝でカタールに1―3で敗れ、準優勝に終わった日本のきれいに清掃されたロッカーの写真を掲載。「日本はロッカーをきれいに片づけ、英語とアラビア語と日本語で「ありがとう!」のメッセージを残した」とツイート。絵文字で拍手を送った。

 日本は昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会でも、チームのスタッフが試合後にロッカールームを清掃。きれいに整えられたロッカーの写真がインターネット上で拡散し「全てのチームのお手本」と称賛の声が上がっていた。日本サッカー協会(JFA)の広報担当者は「これが日本流。毎回これぐらい奇麗にしています」と話したが、その通り今大会でも試合後のロッカーはきちんと整えられていたようだ。

 今回も、様々な言語で「誇りに思う」「尊敬する」「日本を称賛します」などの声が寄せられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月2日のニュース