大迫、アシスト記録も「悔しい。申し訳ない」厳しい表情

[ 2019年2月2日 05:30 ]

アジア杯決勝   日本1―3カタール ( 2019年2月1日    アブダビ )

優勝を逃しうなだれる大迫(中央)
Photo By スポニチ

 FW大迫はエースとして結果を残せなかった。「悔しいです。悔いが残るし、サポーターに申し訳ない」と絞り出した。

 前半は後手に回り、前線にボールが入る回数が少なかった。後半こそ勢いを取り戻し、後半24分にはDFを背負いながら南野の得点をアシスト。だが、反撃はここまでだった。右臀部(でんぶ)痛を抱えながらも大黒柱としてチームをけん引してきた。「この悔しさを次に生かせるようにしなくちゃいけない」と厳しい表情で話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月2日のニュース