岡崎「泥臭さカッコいい」森保Jの戦いに刺激「俺もプレーしたいと思った」

[ 2019年2月2日 22:09 ]

レスターの岡崎慎司
Photo By スポニチ

 プレミアリーグ・レスターのFW岡崎慎司(32)が、アジア杯で準優勝した森保ジャパンから刺激を受け、日本代表復帰への意気込みを示した。

 2日に自身のツイッターを更新。「日本代表のアジアカップ全試合観た。変なプライドがなく泥臭くても勝とうとするチームはカッコよかったと思う。俺もプレーしたいと思った」と昨年のW杯ロシア大会以来離れている代表への思いを口にした上で「同時に泥臭いだけでは勝負に勝てない厳しさを思い出した。戦術や運など考えれば原因はあるけど、選手なら力の無さを悔いるはず。俺も頑張ろう」と記した。

 レスターで4季目を迎えた岡崎は1月の移籍期間で退団を模索。他クラブから話はあったものの結局はまとまらず、「あと半年、レスターで勝負する」と4年契約が満了となる6月まで残留することを宣言していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月2日のニュース