甲府 望月達也ヘッドが退任「J1に復帰出来ることをお祈りしています」

[ 2017年12月13日 15:04 ]

 来季J2へ降格する甲府は13日、望月達也ヘッドコーチ(54)が退任すると発表した。

 静岡県出身の望月氏は2007年に仙台監督を務めたほか、福岡、湘南、川崎Fで監督代行などを歴任。15年から甲府でヘッドコーチを務めていた。

 望月氏はクラブを通じ、「ヴァンフォーレ甲府には3年間、お世話になり、誠にありがとうございました。そして、感謝しております。今シーズンはJ1残留を果たすことが出来ずにチームを離れることになることを残念に思うと同時に大変申し訳なく思います。サポーターの皆様にはいつも前向きな応援をして頂き、本当に温かいクラブの中で仕事が出来ました。来年、J1に復帰出来ることをお祈りしています」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース