香川が今季3点目 ドルトムント、リーグ戦9戦ぶり白星

[ 2017年12月13日 08:16 ]

マインツ戦の後半、ゴールを決め喜ぶドルトムントの香川
Photo By 共同

 サッカーのドイツ1部リーグは12日、各地で行われ、ドルトムントの香川真司はアウェーのマインツ戦にフル出場し、1点リードの後半44分に今季3点目を挙げて2―0の勝利に貢献した。監督交代後の初戦で、チームは9月30日のアウクスブルク戦以来、リーグ戦で9戦ぶりとなる白星を手にした。マインツの武藤はベンチ外。

 酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガーSVはホームで長谷部誠と鎌田大地のフランクフルトに1―2で敗れた。伊藤は後半22分から出場し、酒井高は出場機会なし。長谷部と鎌田はベンチ外だった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース