【加茂周の視点】殊勲の小林、適性は1トップより右サイドか

[ 2017年12月13日 07:35 ]

E―1選手権   日本2―1中国 ( 2017年12月12日    味スタ )

<日本・中国>後半39分、ゴールを決めガッツポーズをする小林(右)                               
Photo By スポニチ

 収穫は決勝点を決めた小林や途中出場の川又だろう。小林はゴール前の粘りはさすがだった。それ以外にもいい形でクロスを受けながら決められなかったが、1トップよりも右サイドの方が合っているように見える。W杯本大会へは決定力のある選手は必要なので、確実性を高めてほしい。

 川又は頑張りがきく。先制点にも絡んだが、短い時間ならいい仕事をするので、こういうタイプも1人いてもいいと思う。

 守備は逃げ切りにいって、失敗したのはいただけない。きちんと無失点で終わらせてほしい。DFは経験が少ない選手ばかりだったが、昌子以外は特長が出し切れていなかった。

 若手では植田は空中戦が強いのでミスを少なくすれば面白い。伊東はスピードは魅力だが、持ち味をもっと出してチャンスに絡んでほしい。ケガで前半途中で交代した大島も悪くなかった。ベテラン今野や代表でポジションを確保している井手口が存在感を見せていたが、この2人と他の選手の差はまだまだあった。(元日本代表監督)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース