井手口、スペイン2部レンタル浮上 労働許可証の取得微妙で

[ 2017年12月13日 05:43 ]

リーズへの完全移籍が内定したMF井手口
Photo By スポニチ

 今冬イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)リーズへの完全移籍が内定したMF井手口陽介(21=G大阪)が、スペイン2部クルトゥラル・レオネサへ期限付き移籍する可能性が出てきた。スペイン紙「ディアリオ・デ・レオンが」が12日付で報じた。

 イングランドでプレーするには労働許可証の認可が必要。E―1選手権の結果次第ではリーズでプレーする選択肢も残されているが、認可が下りなかった場合は保有権だけがリーズに移り、他の欧州クラブでプレーすることになる。その候補の一つとしてリーズと提携しているレオネサが浮上した。

 またこの日、英BBC放送(電子版)が移籍を報道。違約金は50万ポンド(約7500万円)と報じられたが、関係者によると100万ユーロ(約1億3400万円)になる見込みという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース