斎藤学「監督早く決めて」契約更改臨むも来季イメージ描けず

[ 2017年12月13日 05:30 ]

1回目の契約更改交渉に臨んだ斎藤
Photo By スポニチ

 横浜MF斎藤が1回目の契約更改交渉に臨んだ。来季の新監督がまだ決まっておらず「監督が決まらないからスタッフやフォーメーションも決まらない。この先チームがどう強くなっていくのかイメージを描くのが難しかった」と困惑気味だった。

 自身は9月23日の甲府戦で負傷し、右膝前十字じん帯損傷で全治8カ月と診断された。それでもすでにランニングを開始しており「普通の人より2〜3週間は早く進められている」とリハビリが順調に進んでいることを明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース