クラブW杯連覇目指すC・ロナウド「散歩に来たのではなく勝ちに来た」

[ 2017年12月13日 11:21 ]

11日、クラブW杯初戦へ向けて練習するレアル・マドリードのC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 レアル・マドリード(スペイン)は12日、アブダビで行われるクラブW杯準決勝アルジャジーラ戦(13日)の前日練習を行い、チーム全員が参加。エースのC・ロナウド(32)は「クラブW杯に散歩に来たのではなく、2連覇、そして6つ目のタイトルを獲得するために勝ちに来た」と意気込んだ。

 欧州王者のレアル・マドリードは大会で、史上初の2連覇を目指す。C・ロナウドは「欧州CLに優勝したからこそ出場できる大会で、我々にとってとても重要なコンペだ」と大会の意義を強調。そして「僕はマンチェスターUとレアル・マドリードで既にクラブW杯に3度優勝しているが、この大会が大好きだ。僕が望むことは優勝すること、そしてできればゴールを決めてチームに貢献したい」と力強く語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース