大島僚太、肉離れで無念の代表離脱「またここに戻って来られるよう」

[ 2017年12月13日 16:00 ]

 日本サッカー協会は13日、E―1選手権(旧東アジア杯)に出場している日本代表チームにおいて、MF大島僚太(24=川崎F)が左大腿二頭筋肉離れのため途中離脱すると発表した。

 大島は12日の中国戦(味スタ)に先発出場。2016年9月1日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選・UAE戦(埼玉)以来1年3カ月ぶりの代表戦復帰を果たしたが、前半27分にシュートした際に軸足の左太もも裏を抑えてピッチに座りこみ、担架で退場。同30分に途中交代していた。

 大島は日本協会を通じ、「怪我により離脱することになってとても残念です。このチームで優勝を目指していたので残念ですけど、残った選手に頑張ってタイトルを取って貰いたいと思います。自分はしっかりと怪我を治して、またここに戻って来られるよう頑張りたいと思います」とコメントしている。

 日本代表は北朝鮮、中国に2連勝。16日の韓国戦で引き分け以上なら2大会ぶりの優勝が決まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月13日のニュース