ハリルJ 奪首へ“秘策”シリア戦直前合宿に欧州組が順次先乗り

[ 2015年9月10日 05:30 ]

テヘランを後にする(右から)酒井宏、長友、岡崎ら日本代表イレブン

 日本代表は6―0で大勝したアフガニスタン戦を終え、9日未明にイランを出発。欧州組は各所属クラブの国へ戻り、国内組は9日深夜に羽田着の航空機で帰国した。次戦のW杯アジア2次予選は10月8日、中立地オマーンで開催されるシリア戦が待つが、マスカット市内で行う直前合宿を選手別に段階的にスタートする計画が判明。コーチ陣が国内組より先に現地入りし、試合の終わった欧州組を順次、練習に合流させることを検討している。

【W杯アジア2次予選】

 大勝の余韻に浸ることなく、次なる戦いを見据えた。9日未明にテヘラン郊外のイマム・ホメイニ国際空港で、日本協会の霜田技術委員長が10月8日のシリア戦に向けた事前合宿に言及。「欧州組は試合が終わった選手から順番にオマーンに入ることになる。国内組より先にコーチ陣が現地に入って練習を開始することも検討している。どうすることがベストなのか。これから調整したい」と明かした。

 欧州組のシリア戦直前のリーグ戦は所属クラブによってバラバラ。マインツの武藤が10月2日のダルムシュタット戦で中断に入るのを皮切りに、3日に原口(ヘルタ)、長谷部(フランクフルト)、岡崎(レスター)、吉田(サウサンプトン)ら、4日に長友(インテル・ミラノ)、香川(ドルトムント)、本田(ACミラン)らが試合を行う。一方、J1、J2は3、4日のリーグ戦を最後に中断を迎えるため、国内組のオマーン入りは5日が有力視される。

 国内組より先に現地入りが可能な欧州組が出てくるため、コーチ陣が先乗りして指導に当たるプランが浮上。ハリルホジッチ監督は常に「準備期間が短い」と愚痴をこぼしており、段階的に合宿を開始して一日でも長い調整期間を確保することで、コンディションを上げることや現地の気候に慣れる狙いがある。

 3連勝でE組の首位を走るシリアは最終予選進出への最大のライバル。アフガニスタンに6―0、シンガポールに1―0、カンボジアに6―0と安定した戦いを見せている。指揮官は「シリア戦はより難しい試合になる。どのようなレベルの相手か考慮しないといけない」と警戒。直接対決に敗れれば、自力での1位通過の可能性が消滅するだけに、スタッフ会議を重ねて最善の策を模索していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年9月10日のニュース