J3町田 名古屋相手に大金星!決勝PK弾の平「一体感あった」

[ 2015年9月10日 05:30 ]

<名古屋―町田>後半終了間際、決勝のPKを決める町田・鈴木孝(9)

天皇杯2回戦 町田1―0名古屋

(9月9日 名古屋港)
 J3町田がアウェーで名古屋相手に金星を挙げた。就任2年目の元日本代表DFの相馬監督は「J1のチームを倒そうと選手を送り出した。それを実現してくれて、うれしく思う」と喜んだ。

 決勝点はPKで手にしたが、前半から中盤を支配して攻め続けた。ゲームキャプテンを務めた平は「一人一人が声を出して走った。一体感もあり、うちのペースだった」と満足げ。3年ぶりの出場で、前回は4回戦に進んだ。相馬監督は「日程も厳しくなるが、しっかり準備したい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年9月10日のニュース