U19渡辺 独1部インゴルシュタットのU23に入団

[ 2015年9月10日 05:30 ]

インゴルシュタットU―23への入団が決定したU―19代表FW渡辺凌磨

 ドイツ1部インゴルシュタットは9日、U―19日本代表MFの渡辺凌磨(18=早大)がU―23チームに加入したと発表した。

 渡辺はU―17日本代表の主将を務めた13年のU―17W杯(UAE)で3得点を挙げる活躍を見せ、昨年度の全国高校選手権では前橋育英(群馬)の準優勝に貢献。進学した早大ではサッカー部に所属せず、海外挑戦を希望して今夏はブレーメンやフライブルクのトライアルに参加していた。

 インゴルシュタットは今季1部に初昇格。U―23チームはドイツ4部に所属しており、ライトル監督は公式サイトで「複数のユースチームが獲得を希望していた。素晴らしいテクニックを持ち、ハードワークとインテリジェンスを兼ね備えている選手」と評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年9月10日のニュース