安藤 リオ五輪で“リベンジ”誓う「まずはケガを治して」

[ 2015年7月8日 05:30 ]

澤(左)と別れのあいさつをする安藤

なでしこジャパン帰国

(7月7日)
 1次リーグのスイス戦で左足腓(ひ)骨外果骨折を負った悲運のストライカー、安藤が来年のリオ五輪での“リベンジ”を誓った。

 「全治は3カ月、まずはケガを治して元気な姿を見せたい。その先に五輪があるのかな、と思う」と話した。

 負傷後、無念の帰国を余儀なくされたが、チームメートとは動画でつながり、心は一つだった。決勝では再びバンクーバーに飛び、ベンチで共に戦った。「この大会に懸けていた。離脱は想像もしてなかった。でもこの仲間とやれたことは誇りに思う」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月8日のニュース