J2東京V DFキローラン木鈴がJ3秋田に期限付き移籍

[ 2015年7月8日 14:47 ]

 J2東京Vは8日、DFキローラン木鈴(23)がJ3秋田に期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2015年7月7日から2016年1月31日まで。

 アイルランド人の父を持つキローランは東京Vユース時代に主将を務め、11年にトップチームへ昇格。12年には双子の弟のGKキローラン菜入(23=現J1松本)とともにJ2北九州へ1年間期限付き移籍し、13年に東京Vへ復帰していた。昨季は1試合0得点。今季はここまでリーグ戦出場がなく、J2リーグ戦通算成績は33試合3得点。

 キローランは東京Vを通じ「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付きで移籍することになりました。シーズン途中ということですごく悩みましたが、移籍を決断しました。秋田でしっかりと試合に出場し、力を付けて、成長をして、またヴェルディのユニホームを着てプレーできるように頑張ってきます。これからも応援をお願いします」とコメント。

 新天地での背番号は2になることが決まった秋田を通じては「はじめまして。東京ヴェルディから期限付きで移籍してきたキローラン木鈴です。間瀬秀一監督とは、2013シーズンにヴェルディで一緒に戦ったことがあり、今回声を掛けていただき、力になりたいと思い移籍を決断しました。ディフェンダーなので、チームの失点を減らして、順位を一つでも上げられるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月8日のニュース