大仁会長、準Vなでしこのボーナス増額示唆「評価したい」 

[ 2015年7月8日 08:14 ]

カナダから帰国した大仁会長

なでしこジャパン帰国

(7月7日)
 日本協会の大仁会長はなでしこジャパンへのボーナス増額を示唆した。

 「協会の規定はこれまで同じだけどFIFAの賞金が倍になった。2大会連続でW杯決勝進出というのも評価したい。決定は7月の理事会になる」と話した。

 今回、賞金総額は1500万ドル(18億4500万円)と前回比5割増。準優勝の日本にも前回優勝の100万ドルより多い130万ドル(約1億5900万円)が支給される。協会規定では準優勝ボーナスは1人100万円だが、前回と同等の推定150万円から200万円近いボーナスとなりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月8日のニュース