鮫島 女子W杯ベストイレブン!なでしこで唯一選出

[ 2015年7月8日 05:30 ]

カナダから帰国した鮫島(左)と近賀

なでしこジャパン帰国

(7月7日)
 米スポーツ専門局ESPNは女子W杯のベストイレブンを発表し、準優勝のなでしこジャパンからはDF鮫島がただ一人選ばれた。テレビ解説を務めた元米国女子代表MFファウディ氏が4―3―3のシステムで11人を選んだもので、優勝した米国と8強のフランスから最多の各3人を選出した。

 左サイドバックの鮫島については「攻撃参加を好むファンタスティックなサイドバックとして成長した。日本のポゼッションと攻撃は彼女に頼る部分も大きかった。守備の責任感とポジショニングもしっかりしていた」と評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年7月8日のニュース