G大阪 清水からFW長沢が完全移籍 かつて長谷川監督が4年間指導

[ 2015年7月8日 18:00 ]

G大阪への完全移籍が決まったFW長沢

 J1G大阪は8日、J1清水からFW長沢駿(26)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。

 静岡市出身の長沢はジュニアユース、ユースと清水の下部組織育ちで、07年にトップチームへ昇格。11年にJ2熊本、12年にJ2京都、13年に当時J2だった松本と3年連続で期限付き移籍し、14年に4年ぶりに清水へ復帰。同年、1メートル92の長身を生かして公式戦5試合連続ゴールを決めるなどブレークしかかった直後、右膝前十字靭帯断裂で全治8カ月という大怪我に見舞われ手術を受けた。

 リーグ戦の通算成績はJ1が31試合5得点、J2が79試合12得点。今季はJ1で14試合1得点で、チームの副キャプテンも務めていた。高卒新人だった07年から4年間、当時清水監督だったG大阪の長谷川健太監督(49)から4年間指導を受けており、長谷川監督は当時からその才能を高く評価していた。

 長沢はG大阪を通じ、「この度、ガンバ大阪でお世話になることになりました長沢です。昨シーズンのチャンピオンチームに加入することができ、大変光栄に思っています。高さを活かしたプレーやポストプレー、またクロスに合わせる形など自分の特徴を積極的にアピールしていきたいと思います。全身全霊を尽くして、早くチームの一員として認めてもらえるように頑張りますので、これからよろしくお願いいたします」とコメント。

 清水を通じては「プロとしてエスパルスに加入して8年半、ジュニアユースからを含めると15年間エスパルスにお世話になり、感謝の気持ちしかありません。今回、ガンバ大阪に移籍するにあたり、すごく悩みましたが、短いサッカー人生の中でチャレンジしたい気持ちもあり、監督やクラブが自分のことを一番に考えて背中を押してくれて決断しました。これまで、あまりチームの力になれなかったことは残念ですし、厳しい状況の中、移籍することに対しては本当に申し訳なく思っています。これまで長い間、いつも温かく応援いただき、本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月8日のニュース