6月の月間MVP決定 J1は武藤、J2は家長の“さいたま勢”独占

[ 2015年7月8日 15:17 ]

6月の月間MVPに選出された浦和FW武藤

 Jリーグは8日、6月度の月間MVPを発表し、J1は第1ステージ優勝を果たした浦和のFW武藤雄樹(26)、J2は前半戦を首位で折り返した大宮のMF家長昭博(29)が選出された。

 両選手はともに初受賞だが、浦和は5月のMF関根貴大(20)に続いてクラブとして2カ月連続の受賞。大宮は13年にJ1でFWズラタン(現浦和)が受賞して以来クラブとして2度目の受賞となった。

 武藤は6月に開催された全4試合に出場し、3得点をマーク、家長は全4試合にフル出場し1得点をマークした。受賞選手にはJ1は30万円、J2は20万円が授与される。
 
 ▼家長 6月度月間MVPに選んでいただき大変光栄です。自分だけの力では受賞することはできなかったので、いつも応援やサポートしていただいている皆さまに感謝しています。再度受賞できるように、引き続き精進していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月8日のニュース