大宮 2点差ハネ返し首位固め プロ7年目和田のJ初ゴールが決勝弾

[ 2015年7月8日 21:35 ]

J2第22節 大宮3―2札幌

(7月8日 札幌ド)
 J2リーグ戦は8日、各地で第22節の11試合が行われ、1年でのJ1復帰を目指す大宮が2点差をハネ返して札幌に3―2で逆転勝ちを収めて2連勝を飾り、首位をキープした。

 前半14分、23分と立て続けに失点し、序盤で2点のビハインド。だが、前半43分、試合前に6月の月間MVP受賞が発表されたMF家長昭博(29)が今季3得点目を決めて反撃を開始すると、後半15分にはMF横谷繁(28)の2試合連続弾で同点。そして迎えた30分、MF泉沢仁(23)から受けた家長のラストパスにオーバーラップしてきた左サイドバックの和田拓也(24)が右足を合わせてゴール右隅に流し込み、これが決勝ゴールとなった。

 和田はJ1、J2通算129試合目で決めた待望のJリーグ初ゴール。J2東京V時代にはゴールラインを割ったように見えたボールがノーゴールと判定されたこともあったが、プロ7年目でようやく初得点をものにした。

 チームメートに頭をなでられるなど祝福を受けた和田は「仁(泉沢)が折り返した時にアキくん(家長)のところに入ったので、ダイレ(クト)で落としてもらえればシュートチャンスがあるかなと思って呼んだら右足に打ってくれってボールが出てきたので、あとはもう無意識に蹴っただけです」と振り返り、「自分が決めたってこともそうですし、チームが0―2からひっくり返して勝てたっていうのが本当にうれしいです」と童顔をほころばせて喜んだ。

 渋谷監督は「彼はもともとボランチの選手。彼がオーバーラップしてきて得点できたことは今後のチームにとってもプラスになる」と和田のゴールを評価。「私が生まれたところで勝ててうれしい」と出身地での勝利に笑顔を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年7月8日のニュース